セミナー・イベント

オムニチャネルデータはCRM施策にどう活かせるのか!~膨大なデータから見出すマーケティング施策~

オムニチャネルデータはCRM施策にどう活かせるのか!
 ~膨大なデータから見出すマーケティング施策~

(本セミナーは終了いたしました。)

この数年、消費者の購買行動は、スマートデバイスの普及をきっかけとして、「オムニチャネル化」が急速に進んでいます。オムニチャネルでは、様々な顧客接点チャネルから得られる情報を統合し、詳細な顧客行動データを収集/分析することにより、顧客理解を深め顧客ニーズに最適な、かつ競合他社との差別化を図るマーケティング施策を実施することができます。しかし、実際には収集したチャネルデータの有効活用方法に悩まれているマーケティングご担当者様は少なくありません。
本セミナーでは、オムニチャネルで収集できる顧客行動データとその分析手法、そして分析データを用いてどのようにCRM施策を決定していくのかアクションプランニングの例をご紹介します。

【対象:企業のマーケティング部門、顧客データ活用担当者、Web/EC戦略担当者、IT推進担当者などのCRMに関連するご担当者、また、CRMシステム導入検討者、顧客データ分析ソリューション検討者等】

開催概要
開催日時2015年11月25日(水) 15:00~17:00 (受付開始14:45)
会場アドバンリンク株式会社 会議室
東京都品川区東五反田1-10-7 AIOS五反田
(アクセス:「五反田駅」より徒歩5分)
(全館禁煙)
受講料無料
定員20名(定員になり次第、受付を締め切らせていただきます)
主催アドバンリンク株式会社
お申込み終了いたしました
お問い合わせアドバンリンク株式会社 セミナー事務局
Tel: 03-6277-2960
プログラム詳細
1. 単一チャネルデータでの顧客分析とマーケティング施策
従来の顧客分析は、Webアクセス履歴や、購買履歴等、単一チャネルから得られる顧客データを基に分析を行うことが一般的である。本章では、まず単一チャネル(購買履歴、Webアクセス履歴等)で得られるデータを用いた顧客分析、および分析結果を用いたマーケティング施策企画の事例をご紹介する。
2. ここが違う!オムニチャネルデータでの顧客分析
企業と顧客の接点となる各チャネルで収集できるデータは、各企業の業態や保有するチャネルの仕組みによって様々である。オムニチャネルで収集できる顧客行動データはどのようなものか?またそのデータから導き出せる顧客特性とは何か?いくつかのオムニチャネルデータによる顧客分析例をご紹介し、単一チャネルデータの顧客分析では把握できなかった顧客行動特性を説明する。
3. オムニチャネルデータの分析から見出すマーケティングアクション
オムニチャネルのデータを分析することで、単に、購入したか否かの実績だけでなく、購入に至るまでの顧客の行動を深く理解することができる。本章では、オムニチャネルデータの分析結果を基に、理想的なカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)を提供するためのCRM施策プランニングの例を紹介する。
4. オムニチャネルを支える顧客情報基盤
オムニチャネルマーケティングを成功させるためには、各チャネルの顧客行動データを的確に収集し、分析し、施策にスムーズに連携するマーケティングオートメーションの仕組みが必要になる。では、どんな情報基盤があれば、有効なマーケティング施策を実施することができるのか?本章では、プライベートDMPを用いたマーケティングソリューション(施策)の例をご紹介する。
  セミナー中は一度休憩を挟みます。
セミナー終了後に個別相談も承ります。どうぞお気軽にお申し付けください。

↑ ページトップ