CRMコラム

今後のCRMに求められるプライベートDMPとは

顧客起点でのマーケティングが当たり前となった今、CRMは新たな局面を迎えている

あらゆる商品/サービスや、情報が溢れ、競争が激化する現代。企業が生き残るためには、顧客のニーズを捉え、的確なタイミングで有効な情報を提供し、顧客の利用頻度を高めていくことが必要不可欠です。今や多くの企業において、このような"顧客起点"のマーケティングが重視され、顧客との関係性を構築し顧客価値を上げる取り組みは当たり前になっています。

しかしながら、顧客の行動やニーズの多様化・複雑化が進み、これまでのCRMでは"個"を捉えきれなくなっています。そこで、従来のCRMより精度の高いCRMが必要となっているのです。また、それに伴い、最近では既存顧客のロイヤリティ向上だけではなく、潜在顧客や新規顧客開拓にも活用されるなど、CRMの活用範囲も広がってきています。


今後のCRMに必要なプラットフォーム「プライベートDMP」とは?

精度の高いCRMに必要不可欠となるのは、「プライベートDMP」です。
「プライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」とは、顧客にまつわる膨大な量のデータを一元的に統合・管理し、自社のマーケティング活動に活用するためのプラットフォームです。

DMPとは、インターネットから取得したユーザーデータと、POSなどのインターネット以外から取得した自社データとを紐づく形に一元管理し分析する基盤のことで、次の2種類に分けられます。

オープンDMP

主に広告事業会社が提供する広告関連のWebアクセスデータや、デモグラフィックデータなどの外部データを使用するプラットフォーム。

プライベートDMP

自社サイトへのWebアクセスデータや顧客情報・購買履歴などの企業が内部で保有するデータと、デモグラフィックデータやインターネット広告のアクセスデータなど自社では持っていない外部データとを組み合わせて自社で管理・活用するプラットフォーム。
プライベートDMPは、オープンDMPの領域に企業独自のデータを統合する点と、データの格納先が自社にある点に特徴があります。


「プライベートDMP」がCRMの精度をより高める理由

これまでのCRMでは、例えば、メール配信に対するレスポンス、顧客の購買履歴といった、顧客の一部分を捉える"内部データ"のみを使用してきました。このため、顧客が自社と関わりのないところでどのような行動を行っているのかまで把握することは難しい状態にありました。
プライベートDMPは、企業が保有する"内部データ"と"外部データ"を統合し分析することで、より詳細なデータに基づいた深い顧客像を捉えることができます。つまり、精度の高いデータによる分析とオートメーションは、より反応しやすいターゲットを抽出し、マーケティング施策をスピーディーに実行するため、CRMの精度を高めるのです。

プライベートDMPによるCRM施策

CRMstageによるプライベートDMPソリューション


■もっと理解したい方のために!最新のCRMセミナー
→CRMセミナー・イベント情報

■CRM戦略から導入プランニングをトータルにサポート!
→CRMサービス

■戦略から顧客獲得を実現するCRMソリューション
→CRMソリューション

 お問い合わせフォームへCRM無料相談会ページへ

↑ ページトップ