セミナー・イベント

顧客データを最大限に活用するためのシステム環境とは データウェアハウス導入によるCRM最適化セミナー

顧客データを最大限に活用するためのシステム環境とは
  データウェアハウス導入によるCRM最適化セミナー

(本セミナーは終了いたしました。)

CRMの実現にとって最も大切なのは、顧客データ利用環境の整備です。顧客データの管理、検索、分析のためには、データウェアハウス(DWH)が利用されます。しかし従来データウェアハウス(DWH)は、大きな開発コストが必要でした。
本セミナーでは、時間とコストを大幅に削減し低コストで構築できるCRM専用DWH、及びDWH導入によって最大限に顧客データを生かすソリューションをご紹介します。

【対象:ユーザ企業のシステム部門、IT推進担当者、CRMシステム・データウェアハウス導入検討者】

開催概要
開催日時2010年1月29日(金) 16:00-17:30 (開場15:55)
会場アドバンリンク株式会社 会議室
受講料無料
定員6名(定員になり次第、受付を締め切らせていただきます)
主催アドバンリンク株式会社
お申込み終了いたしました
お問い合わせアドバンリンク株式会社 セミナー事務局
プログラム詳細
1. 散在する顧客データの現状
各企業内において、CRMに必要な顧客関連データは様々なシステムに分散していることが多く、顧客分析や検索等の顧客データ利用において大きな問題となっている。
ここでは、顧客データ散在の問題点を説明するとともに、CRMに必要な顧客データとは何か?を考える。
2. CRMのためのデータウェアハウス(DWH)の必要性とその導入効果
顧客データを最大限に生かすためには、データウェアハウス(DWH)の導入が不可欠である。ここでは、データウェアハウス(DWH)の必要性と導入後の効果について説明する。
3. ここまで低コストで構築できるCRM専用データウェアハウス(DWH)
従来、高額なシステムであったDWHは、弊社製品「CRMstage」の利用によって、安価に、なおかつ簡単に、CRM専用のDWHを構築することができる。 ここでは、CRMstageによるDWH構築手法と、機能/コスト/拡張性について説明する。
  セミナー終了後に個別相談も承ります。どうぞお気軽にお申し付けください。

↑ ページトップ