顧客データ分析例

マーケットバスケット分析

マーケットバスケット分析とは

アソシエーション分析(相関関係導出)という手法が利用されたマーケットバスケット分析はデータマイニングの代表的な分析手法で、主にインターネットショッピングやスーパー/百貨店、クレジットカードサービス、外食産業等で利用されています。「商談単価を上げて、売上金額を上げる」という目標がある場合に最も効果的な方法は、「顧客がある商品を購入する際、別の商品も合わせてリコメンドする」という手法です。
成功確率の高いリコメンドをするためには、過去の商品毎の販売データを元に、ある商品を買った顧客が、他にどの商品を同時購入したかを分析する必要があります。

マーケットバスケット分析イメージ

例えば、女性洋品を例にとってみた場合、
ハンドバッグを購入した顧客が、別の商品を購入する確率を算出します。仮に「一緒に買われる商品」の閾値を15%と設定すれば、ハンドバッグと一緒に買われるのは靴と帽子という結論が導けます。もしオンラインショップなら、ハンドバッグを購入した時点で、靴や帽子のカタログを表示し、購入意欲を喚起させ購入に導き出すことができます。

マーケットバスケット分析関連ページ

↑ ページトップ