顧客データ分析例

RFM分析

RFM分析とは

RFM分析は、顧客のセグメンテーション方法としては、最も実績がある基礎的な手法です。
下記の3指標で、顧客をスコアリングし優良顧客を判定するのに用いられます。優良顧客や優良顧客になる可能性がある顧客をターゲットとし、それぞれに合ったプロモーションしていくことで、顧客維持と大きな利益を期待できます。

R(recency:最新購買日) いつ買ったか、最近購入しているか
F(frequency:累計購買回数) どのくらいの頻度で買っているか
M(monetary:累計購買金額) いくら使っているか

RFM分析イメージ
RFMの条件設定

RFMの定義は各企業、また、業種やビジネス形態によって異なります。どのようにランクの条件を設定するかにより、RFM分析結果に左右するためRFMの定義が重要なポイントとなります。

【RFM条件設定例】

ランクR(最新購買日)F(累計購買回数)M(累計購買金額)
530日以内30回以上50万円以上
460日以内10回以上30万円以上
390日以内3回以上10万円以上
2180日以内2回5万円以上
1180日以上1回5万円未満

RFM分析は3次元だけでなく、FとMの2軸で分析する場合もあります。その場合、R値は例えば顧客の定義において、アクティブ顧客を「直近1年間に購買実績のある顧客」とした際、アクティブ顧客のFM分析を行います。

RFM期間比較分析による顧客ランク変動分析

R値をずらし異なる2期間でのFM分析することにより顧客ランク変動を見ることができます。

顧客ランク別動向変化

RFM分析関連ページ

↑ ページトップ